うつ病の原因と対策

うつ病の原因と対策

頭を抱えるサラリーマン

うつ病の原因と対策について考察いたします。 うつ病には様々な原因があるといわれていますが、その一つに遺伝というものがあるそうです。例えば親がうつ病の場合、子供は自己評価が低くなる傾向にあるようです。またそのようにして自己評価の低い青年期を過ごすと、大人になってからうつ病になるケースが多いそうです。 自己評価が低いというのは、精神的な弱さと直結しています。ちょっとしたことで心が折れたり、精神的に参ってしまう。そうして物事がうまくいかなくなり、悪循環が起こるということです。そのようなタイプによく見られるのが、継続が苦手ということです。物事を継続するためには、一定のリズムで生活することに加え、自律神経のバランスを維持する必要があります。

同じリズムで生活する

同じリズムで生活するためには、自律神経のバランスを一定に保つことが必要になります。自律神経が1日のうちに2度乱れたら、その日は諦めた方が良いと言われているくらい、自律神経は生活だけでなく、仕事のパフォーマンスにも直接影響してくるのです。 例としてですが、自律神経を最も乱すのは恋愛のもつれ、悪口をいわれることなど人間関係のゴタゴタだそうです。これはうつ病の原因にもなりますが、想像に容易いのではないでしょうか。 恋愛をすると、良いときは気分がハイになりますし、何でも出来るような気持ち、いわゆる躁状態になります。しかし、うまく行かない時や失恋などによって、何も他のことが手につかない状態になるのも恋愛の特徴です。それも精神的にもろい人であればなおさらでしょう。 不必要な恋愛を避けるというのは、重要な生活の知恵かもしれません。 うつ病の原因と対策についての考察でした。