うつを治す心療内科

うつ病の最適な治療法

悩んでいる女性

うつ病を患った時には、早めに医療機関を受診することが大切です。うつ病をそのまま放置しておくと症状が悪くなる場合があります。まずは心療内科を受診してみて、医師の診察を受けることが必要です。 心療内科では問診や検査などを行い、うつ病の原因を突き止めます。原因を突き止めることによって、うつ病の根本的な治療が可能になります。心療内科では、患者さんの症状に応じて薬を処方してくれます。 最近のうつ病の薬は副作用が少なく、症状を改善する効果が高くなっています。医師の指導に従って薬物療法を続けていると、症状は改善へと向かいます。病状が改善した時点で薬物療法も終了します。 心療内科では、心の状態が原因で発症する頭痛や胃痛などの肉体的な疾患の治療も可能です。

心療内科の現在の取り組み

心療内科では薬物療法によるうつ病の治療に加え、認知行動療法やリワークプログラムなどにも取り組んでいます。うつ病が原因で仕事を休職している人は、リワークプログラムによって、職場への復帰を果たせます。 認知行動療法では、患者さんはストレスと上手に付き合っていけるように指導を行います。今までの悪い習慣や行動パターンを改善することができ、深刻に悩んだりすることが少なくなります。 心療内科ではカウンセリングに力を入れており、悩み事の相談も気軽にできるようになっています。院内をリラックスできる雰囲気にしている病院も多く、緊張することなく医師に相談することができます。心理カウンセラーによる心理カウンセリングが受けられる心療内科も増えています。